Xamarin.Forms PrismでMVVM入門 インストール

こんにちは。レモンティーです。

Xamarin.Formsでアプリをつくっていると
MVVMパターン↓でつくるといいよ、という話はよく聞きますよね。
MVVM - Xamarin | Microsoft Docs

そこで今回は、MVVMパターンでのアプリ制作を助けてくれるフレームワーク
Prismを使ってみます。

導入

まずはPrismのインストールです。
VisualStudioを起動して、ツール>拡張機能と更新プログラム
を選択します。
f:id:sawalemontea:20180430175907p:plain

左のメニューの中からオンラインを選び、
右の検索窓にPrismと打ち込みます。
f:id:sawalemontea:20180430180039p:plain

するとPrism Template Packがヒットしますので
これをインストールします。

プロジェクト作成

無事にインストールできたら、
いつものように新規作成を選びます。
f:id:sawalemontea:20180430180230p:plain

すると、
インストール済み>Visual C#の中に
Prismという項目が追加されていますね。

この中のXamarin.Forms>Prism Blank Appを選択すれば
↓のような画面がでますので、CreateProjectボタンを押せば新しいプロジェクトが作成されます。

f:id:sawalemontea:20180430180556p:plain

ビルドしてみる

なんだかPrismが自動でつくってくれたファイルやらが気になるところですが
それらは次以降に触れるとして…
とりあえず今回はそのままビルドします。

問題なければ画面に
Welcome to Xamarin.Forms and Prism!
みたいな文字が表示されます。
これでひとまず成功です。


今回はこれでおしまいです。
www.sawalemontea.com