Python 入門 繰り返し文

こんにちは。レモンティーです。

今回は繰り返し文についてです。

while文

Pythonのwhile文は次のようになります。
f:id:sawalemontea:20180311092934p:plain

基本的にはif文と同じで
処理の塊はインデントで表し、対話的入力では最後に1行いれる
その下は処理結果です。

for文

Pythonのfor文は次のようになります。
f:id:sawalemontea:20180311093540p:plain

Pythonのfor文はC#と違って
↑のように配列や文字列などのシーケンスに対して行われます。
foreachみたいですね。

もしC#みたく
0から10までループ
とかやりたい時は
range()を使います。
f:id:sawalemontea:20180311094029p:plain

このようにrange()は
まるで数値のリストのように振る舞ってくれます。

さらに、↓のように始値や増加量を指定することもできます。
省略すると始値は0、増加量は1になります。
始値は含まれますが終値は含まれません。

range(終値)
range(始値,終値)
range(始値,終値,増加量)

f:id:sawalemontea:20180311094634p:plain
f:id:sawalemontea:20180311094641p:plain



今回はこれでおしまいです。
Next
sawalemounity.hatenablog.com

sawalemounity.hatenablog.com