Unity 知らなくて損していた MonoBehaviourの関数

こんにちは。レモンティーです。

Unityでスクリプトを作ると、

public class ~ : MonoBehaviour {

みたいになっています。

自動的にMonoBehaviorクラスから派生しているわけですね。

実際、StartやUpdate、OnCollisionEnterなどはよく使っています。

そこで今回は、いまさらですが
他にも便利なMonoBehaviorの関数がないか調べてみました。


以下は、個人的にこれから使うことがありそうな
MonoBehaviorの関数とかです。
(ただし、私も初心者なので
使うのが少し先の話になりそうなものは
便利そうでも除外してます)




・OnDestroy
破棄されるときに呼び出される


・OnEnable
有効/アクティブになったときに呼び出される
・OnDisable
無効/非アクティブになったときに呼び出される


・OnMouseDown
これを書いたスクリプトをアタッチしたオブジェクトやGUI
クリックされたときに呼び出される
以前書いたEventTriggerでやったことはMonoBehaviorの関数でやるのと同じだったんですね。
以下、類似のものです
・OnMouseUp(マウスボタンを離したとき)
・OnMouseEnter(ポインターが乗ったとき)
・OnMouseOver(ポインターが乗っている間ずっと)
・OnMouseExit(ポインターが離れたとき)


・OnParticleCollision
パーティクルのCollisionモジュールの
sendCollisionMessageにチェックが入っている時に
パーティクルが衝突すると呼び出される


・OnTransformChildrenChanged
・OnTransformParentChanged
それぞれ子、親が変更されたときに呼び出される


これらなら私のような初心者でも扱いやすそうですね。
特に今までEventTriggerでやっていた事は、
場面によってはOnMouse系でやったほうが楽そうです…

今回はこれでおしまいです